#71 みんなの支えあっての音楽活動。ただバンドマンもそれ以前に1人の人間です

※真面目な内容なので真面目な文面で書きますが、テンションが低めな訳では無いのでフラットに読んで貰えれば幸いであります!
ではスタート。

まず昨日の話し、ACCIDENT I LOVEDからギターの2人が脱退する事が発表されました。
主催しているレーベルRAINBOW 7 RECORDSでサポートしているバンドです。
これで現在サポートしてる3バンドともがメンバー交代をする事になった訳です。
アクシデントは今年10年目。
一緒にやり始めてからはまだ1年くらいだけど、その間バンド内の事についての相談とか何も無かったので、正直バンド内は順調と言うか彼らの中でバランスを見出しながら上手くやれてるのかと思っていました。
ので年末にいきなりこの話しをされた時は驚きました。
メンバー同士では長く話して来たかもしれないけどレーベルの人間として自分が全く話しを聞いてない状態で判断だけ先走るのは絶対にダメだいい聞かせて一旦立ち止まらせ、年末から年明けまでやり取りを重ねながらもう一度冷静に考えて貰いました。
その上でやはり状況は変わらずという事で今回の発表になりました。
(抜けるメンバー2人やバンドからのオフィシャルのコメントはツイッターやHPでなどチェックしてみて下さい)

そして全くの偶然だけどここ最近同じタイミングで、復活から脱退、休止まで自分の身近な所でそんなニュースが立て続けにあって、嬉しかったりビックリだったり色々とあったので自分なりにも思いを書いておこうという事で今回のブログ更新。

まず最初に言いたいのは、どのバンドのどんな決断も決して誰かを悲しませたりしたくて発表してる訳ではないはずだって事!

誰だってずっとみんなには笑顔でいて欲しい筈。

ずっと一緒に笑っていられるようなニュースだけを届けたいはず。


ただバンドマンもそれ以前にみんなと同じ1人の人間だという事。

それぞれに人生があってプライベートがあってそしてそれぞれに思いがある。


色んな流れの中で、わかっていても選択を迫られる時がある。

それぞれの人生の為に決断を下さなきゃいけない瞬間は出て来るもんなんだよね。


結成してからずっと同じバンドで同じメンバーで何もなくずっと続けて行けるならそれが1番いいに決まってます。

俺だってそう思ってます。

でもそんな上手く行くことの方が少ない、それが人生というものでありバンドってもんだと思います。


そういう中でそれぞれが色々考えながら決断している訳です。


応援してくれるみんなに対して伝えられる事、伝えなければいけない事があれば、話す必要のないプライベートな事、当人達がわかっていれば良い事も当然ある訳で。


いくら公式の発表でコメントを載せたりしてもそれだけでは理解出来ない納得出来ない事も多々出て来ると思います。


好きなバンドやアーティストであればあるほど思いは強くなるから余計にそういう気持ちが出て来るもんだよね。


自分もいち音楽ファンとして同じような経験もして来てるからその辺の気持ちはわかるつもりです。


でもわかっていても決断しなきゃいけない時が出て来るって事です。

離れる決断をした人も続ける決断をした人も、或いはもう一度戻ってくる事を決断した人も、みんながそれぞれに思いを背負った上で決めているはず。


じゃあその先にみんな何を見るのか。

結局のところシンプルに原点に戻るんです。


音楽を、人生をシンプルに楽しみたい!

みんなと笑いあえる時間をまた作りたい!


これのみ!


ネットやSNSではどうしたって伝えられる事に限りがあると思うから。

どの決断が正しいかなんてのは誰にもわからない事だけど、少なからず自分達が納得して下した決断なのであれば、その先のスタートを楽しんでやれてるはずだから(^^)


本当に納得して楽しんでやれてるのかどうかはやっぱりライブハウスの現場に行けばわかるんだと思うから、是非それぞれのライブに来て欲しいなって思います!



最後に自分の事も書いておきます。


SEPTAUCK名義のままソロ活動を貫きます!

自分が音楽活動を続ける限りはずっとSEPTAUCKです。

4人の脱退も周りにどう見られるかは気にしてなかったし今も気にしてないです。

半年以上時間をかけてちゃんとみんなで話し合いみんなの状況とかもわかった上での答えだったから悔いもないです!

変わらず4人の事も人として好きな事にはこれからも変わりはないし。



stack44も、止まってから10年近く経つのにまた見たいって言ってくれる人達がいてくれるのは本当に嬉しいです。

これまでSEPTAUCKを正式メンバーとしてみんなを迎えて動くようになってからは色んな事気にしてなかなか自分でも触れられずに来ちゃったけど、ソロになった事で最近は気軽に話せるようになって来ました。

今シン君ドラム叩いてくれてるしね(^^)


stack44に関しては、復活する機会があるなら俺はいつでもやりたいとずっと思ってます!

でもやっぱりそれを決めるのは俺やシン君ではなくツッチー次第です。


でもstack44のおかげで今の自分があるし感謝は欠かした事はないです。

だからこそSEPTAUCKというバンド名をつけた訳なので、だからこそ形が変わってもこの名前を下ろす気はないです。

ソロを決断したこれからはそういった所も再び繋げていけるような活動をして行けたらいいなって思ってます!



stack44から聞いてくれてる人も、SEPTAUCKで出会った人も、そしてチハ生や他の活動からファンになってくれた人達も

今の自分にとっては全員等しく大切な仲間だと思ってます!


大切なのはこれからなので新しい歌をまだまだたくさん作って行きたいし、支えてくれる人達と笑い合える場所をたくさん作って行きたいと思ってます!


AIL然りレーベルのバンドも形変われど出来る限りはサポートして行きたいと思ってます!


長くなっちゃったけど最後まで読んでくれてありがとう(^^)


ライブハウスで待ってます‼️